pagetop
  • Instagram
  • Facebook
  • Blog
  • お問い合わせ

美容に関するお得な情報を配信 | 大阪・神戸など関西一円の美容ディーラー・美容材料卸販売

Blog

TOP > LEDEAL 美容ブログ > 美容室を開業するための物件を選ぶ前に考えておくこと

美容室を開業するための物件を選ぶ前に考えておくこと

 

あなたが美容室を開業する理由は何でしょうか?

 

美容室のイメージ

 

今まで美容ディーラーとして、様々な美容室の開業支援をしてきた経験上、よく聞くのは「自身の理想とする価値やサービスを提供したい!(使いたい薬剤を使えないなど)」「今働いている美容室では将来が見えない」などの多くの理由があります。

 

美容師になるために、美容学校に通い美容室で働くようになり、様々なサービスを提供できるようになるまでに、休みも削って勉強や練習をするなど、ものすごい努力をされ、様々なサービスが提供できるようになった段階でも、担当できるお客様の満足度を増やすために日々努力されていることと思います。

 

人並みならぬ努力があってこそ、美容師になれるものだと思いますが、一般的に美容師の雇用条件は世の中の一般的な企業と比較してみると、良いとは言えないのが現状です。

 

そのため、こういった現実的な理由から美容室を独立開業をし、収入の向上を目指す方もたくさんおられると思います。

 

ただ、独立開業をする前に、ぜひ知っておいていただきたいことが3つあります。

 

美容室を独立開業する際に考えておく3つのこと

何を目的に独立するのかにもよるのですが、今まで見てきた成功体験・失敗体験から、独立をする前に考えてほしいことが3つあります。

 

◆ どんなサービスを美容室で提供したいのか

◆ どういう価値をその美容室で提供したいのか

◆ 実際にどんなお客様が来てくれるとうれしいか
(年代層、ライフスタイル、ファッションなどを具体的に)

 

これら3つがなぜ大切なのかと言うと、“どこに開業するかで、あなたが行いたい美容室のサービスとお客様が喜んでくれるサービスがマッチしやすいのか”ということに繋がってきます。

 

ではなぜこの3つが必要なのかを具体的に見ていきましょう。

 

美容室でどんなサービスを提供するのかを考える理由

 

これは、今まさに”あなたは何が得意なのか?”また実際に”いつもどんなことを喜んでいただけているのか?”を考えることで、更にお客様の満足を引き出すことができるようになるかと思います。

 

「トークで楽しませることが得意」、「カット技術は負けない」、「カラーで狙った通りの色を出せる」などの得意があるのは非常に素晴らしいことです。

 

美容師椅子に座ってカウンセリング

 

ただ、この得意を利用して、どのようなサービスをすることができるのか?を考えなければ、数多くある美容室に埋もれてしまって、集客のしづらい美容室になってしまう可能性があります。

 

開業したのに、なかなか固定客が増えない場合、集客で苦労をし続けることになります。

 

美容室でどういった価値を提供したいのか?を考える理由

 

「リラックスできる内装と高い技術力がうりです」このような、似たような強みを打ち出しているお店はたくさんあります。

 

少し前はあまり見なかったネイルも同時にできる美容室なども最近よく見かけるようになり、同じようでどんな特徴を持っているのか分かりにくい美容室が多いのが現状です。

 

そのため、提供するサービスによって、具体的にお客様にどうなってほしいのか?を明確にすることが大切です。

 

例えば、思い通りのカラーにならないと思っている人に対し、思い通りの色になるカラーリングサービスを提供できると、「ここなら私の思い通りの色にしてくれる」と満足していただけるでしょう。

 

そうすると打ち出せる強みが、「狙った色にならない場合はやり直し無料!」という打ち出し方もできるようになり、その美容室にしかない強みや特徴が明らかになります。

 

美容師のカウンセリング

 

実はこのように提供できることを明らかにしていくことにより、他の独立開業前に決めないといけないことが明確になります。

 

上記のような価値を提供する場合、ヒアリングやカラー材の調合などで通常よりも時間が掛かることがあります。

 

この場合において、利益を出していこうとするなら、ある一定以上の費用をいただけないと回転率などの兼ね合いから、同品質のサービスが提供できなくなる可能性が考えられるので、メニューの価格決めの際にとても重要です。

 

逆にどんな価値が提供できるのか決まっておらず「相場が○円ぐらいだから、これぐらいでいっか」と決めてしまうと、価値より単価の方が安すぎる現象におちいってしまう可能性も考えられます。

 

実際にどんなお客様が来て欲しいのか?

美容室を開業するならターゲットを決めることが非常に大切です。

 

単純に、「主婦と話しをするのが得意だから、主婦層や子供に来てほしい」というのも良いですが、実際にお客様に提供できる価値が明確に見えてくると、どんなお客様に来店いただけると喜んでもらえるのかが見えてきます。

 

3人の女性

 

このターゲット選びは非常に大切で、提供できるサービスに対して喜んでもらえる人に来てもらえると、顧客満足度も上がり、口コミも増え、常連にもなっていただけるなど、安定した美容室経営につながります。

 

また、ターゲットが決まれば、ターゲットの多い場所を選ぶことができるので、安さが売りなら安さを求める人の多いところに出店し、価格よりも質を求めるお客様をターゲットにするのであれば、実際にそういった人の多い場所に出店することができるため、集客自体も効率的にできるようになります。

 

この3つを開業前にしっかりと考えておくことで安定した経営ができる

 

先程お伝えした、サービス、価値、ターゲットの3つを考えておくことで、安定した店舗経営ができる基盤を作り上げることができます。

 

 

ガッツポーズの美容師

 

実際に具体的なメリットをまとめると。

 

◆ 無理をせずに自分の実力を引き出せる環境が作れる

◆ 従業員もお客様も満足のいく美容サービスが提供できる

◆ 売上低迷や資金繰りなどで悩むリスクが大幅に軽減される

◆ 安定した経営体制により従業員に満足のいく就業環境を提供できるから長く働いてくれる可能性が上がる

 

また、これらの具体的なメリットを得られるだけでなく、効率が良い集客のできる出店場所準備資金がどのくらい必要なのか?事業計画が具体的になるため融資を得やすくなるなどのメリットもあります。

 

周りの独立した美容師に、開業するのにお金がどのくらい必要なのか?どんな流れで開業をしたのか聞いたところで、独立する目的やサービス内容、出店地域が違えば、集客に必要な広告費や物件にかかる費用など様々な点で違いが出ます。

 

また仕入れる商品によっても大きな費用の差が出るので、参考になるようで参考にならないことも非常に多くあります。

 

そのため、出来る限り、一度最初にご自身で考えられることが重要です。

 

開業場所をなんとなくで決めるのはリスクが高い

 

とりあえず、梅田でOL向けに美容室を開業するから梅田で探す。と決めていたとします。

 

しかし、提供できるサービスやお客様が得られる価値が、高品質なパーマ・カラーで、しっかりと価値を提供するために時間が掛かり、多少価格も高めの場合クタクタに疲れている仕事帰りに今日はヘアサロンに行こう。となる方が少ないでしょう。

 

むしろ、リラックスができて日頃の疲れを癒しながら、リーズナブルな価格で普通以上のサービスが得られる美容室を望むと考えられます

 

この場合、ターゲットが求めることと与えられる価値が合わないので、どれだけ良いお店であっても、ターゲットが求めることを提供している美容室にお客様が行き、その店舗の常連客となるのは時間の問題かもしれません。

 

美容室で失敗したと嘆いている女性

 

そもそも美容室を開業する目的は、雇用されている状態よりも良い環境に移りたいからだと思います。

 

そのため、この最初に考えないといけないところは詰めておかないと、美容室経営の継続が難しくなり、雇用されている時よりも金銭面や精神面で厳しい状態になる可能性も考えられます。

 

厳しい環境に身を投じる可能性のある選択をするよりも、できる限りリスクを減らすために、自分の提供できる価値から、最適なターゲットを考え、そのターゲットが多くいる場所で開業する方が、開業当初の目的を叶えられる可能性が上がるのではないでしょうか。

 

まずは、場所から決めるではなく、まずはターゲットから決めて、場所を決めるという開業の仕方をお勧めいたします。

 

ただ、ターゲットがどこに多くいるのかは、しっかりとした商圏分析が必要になります。

 

知り合いに聞くだけでなく、実際に地場の不動産屋さんを訪れて情報を得ることが大切です。

 

ただ時間がなかなか無いので商圏分析をできないということであれば、美容ディーラーの商圏分析を頼ってみるのも一つの手段です。

 

Service & Support

サービス & サポート

美容に関することなら何でもご相談ください

株式会社リーディアル 06-6350-8889 お問い合わせ